包茎手術の主な流れ - 包茎手術のきほん

包茎手術の主な流れ

包茎手術の主な流れ

一般病院の泌尿器科または形成外科、自由診療のクリニックのどちらでも包茎手術は行っています。
クリニックによってさまざまな術式が出ていますが、基本的には余っている包皮を切除する、という手術になります。
包茎手術までの流れは、診察、カウンセリング、手術方法の決定を行い、手術となります。

診察が最初の難関かもしれません。
他人には見せない所を露わにする訳ですから恥ずかしい思いをするのでは、と二の足を踏んでいる人も多いことでしょう。
ほぼ男性医師ですし、毎日何人も患者を見ている訳ですから、あまり気にしないのが一番です。
地域によって差がありますが、泌尿器科や包茎専門のクリニックには男性看護師が多く配属されているようです。

カウンセリングで不安に思っていることを相談します。
包茎だけでなく、亀頭の形や、ブツブツなどこの機会に質問すると良いでしょう。
ある程度リクエストが出たら、手術について決定していきます。
手術日や術式、オプションの有無など決めます。
当日、そのまま手術できる場合もありますが、一晩くらいは落ち着いて内容を見直した方が安心です。

いよいよ手術です。
手術は30分程で終わります。
手術中は麻酔が効いていることもあり、痛みは感じません。

麻酔を打つのと、少々出血するので、帰りは自分で車を運転しない方が良いかもしれません。
手術当日からシャワーなら可能ですが、さっと流す程度にしましょう。
血の巡りが良くなると傷が痛くなるからです。
飲酒や激しい運動も2日程は控えます。

傷が塞がれば、3日程で抜糸します。
湯船に入るのは1週間程後、セックスできるのは1ヶ月程後になります。

包茎手術って実は・・・